ケアハウス

 

ケアハウス(軽費老人ホーム)とは

ケアハウス(軽費老人ホーム)とは
 
 ケアハウスは、「身の回りのことは自分でできるが、独立して暮らすには日常生活に多少不安がある」という方のための生活の場です。
 「一人暮らしでは、なにかと不安」「急に体調が悪くなったらどうしよう」「食事を作るのが億劫で栄養バランスが心配」「お風呂の準備が大変」そんな方のための施設です。
 お食事、お風呂、緊急対応のサービスがついており、原則60歳以上の方が入所できます。
 

施設詳細

施設詳細
 
●施設名称:ケアハウス 東林間シニアクラブ
TEL:042-767-2210
 


所在地:〒252-0302 神奈川県相模原市南区上鶴間6-6-1
TEL:042-767-2210 / FAX:042-767-2209
開設年月日:平成10年12月4日
建物構造:SRC造 地上3階建
 
●徒歩圏内に駅、銀行、郵便局、スーパー、病院、コンビニ等があり、立地条件に恵まれた施設です。
 
 

パンフレット・ダウンロードはこちらから

パンフレット・ダウンロードはこちらから
   
 
 
ケアハウス外観
ケアハウス外観
 
二人部屋
二人部屋
 
二人部屋
二人部屋②
 
一人部屋(個室)
一人部屋(個室)
 
談話スペース
談話スペース
 
浴室
浴室
 
食堂
食堂
 
洗濯室
洗濯室(コインランドリー)
 
私物庫(鍵付きロッカー)
私物庫(鍵付きロッカー)
 
  居室 一人居室(23.1平方メートル):16室
二人部屋(46.2平方メートル):2室
  各室設備 玄関引き戸扉/クローゼット/ミニキッチン/フラットフロア/ナースコール/防災設備/空調換気設備/照明器具/エアコン/鏡/ウォッシュレット付きトイレ/洗面化粧台/避難設備
  共有設備 エントランスホール/ホール/食堂/浴室/洗濯室/共用トイレ/談話室/相談室/スタッフルーム/ナースコール/リネン室/異常監視システム/放送設備/防災設備/避難設備/脱臭設備
 

多彩な行事を実施し、豊かな毎日が過ごせるよう工夫しています。

多彩な行事を実施し、豊かな毎日が過ごせるよう工夫しています。
 
食事
食事
 
余暇
外出行事
 
クラブ活動
クラブ活動
 

入居に関して

入居に関して
 
ご利用いただける方
  • 年齢60歳以上の方。(ご夫婦でご利用の場合は、どちらかが60歳以上であれば入所可能です。)
  • 自炊ができない程度の身体機能の低下が認められる。または、高齢のため、独立して生活するには不安があり、家庭の事情などで同居や援助が受けられない方。
  • ある程度自立した生活ができる方。
  • 介護保険サービス等の外部サービスを受けながら、施設での共同生活に適応できる方。
  • ご本人様自身が施設を見学され、入居を希望される方。
  • 確実な保証能力のある身元保証人(1人は緊急対応できる人)があり、所定の利用料金等が負担できる方。
 

ご利用料金のご案内

ご利用料金のご案内
 
■1ヶ月あたりのご利用料金の目安 54,810円~131,180円
 
区分 金額(円) 内訳
生活費 44,810円 食材費、共用部光熱費等の1ヶ月あたりの負担額です
事務費
10,000円~
83,300円
前年の所得に応じて決定される1ヶ月あたりの金額です
入所時一時金 400,000円(一括)
20年未満に退所された場合、
一部が返却される場合があります
電気代 14.23円 1kwhあたりの金額です
水道代 158.72円 1㎥あたりの金額です
下水道代 155円 1㎥あたりの金額です
リネン(布団、シーツ類) 50円 1日あたりの金額です(消費税別)
カーテンリース代 125円 1ヶ月あたりの金額です(消費税別)
ゴミ処理代 200円 1ヶ月あたりの金額です(消費税別)
 

ケアハウス Q&A

ケアハウス Q&A
 
 
【入門編】
Q1 ケアハウスとはどんな施設ですか?
 ケアハウスは、「身の回りのことは自分でできるが、独立して暮らすには日常生活に多少不安がある」という方のための生活の場です。
 
「一人暮らしでは、なにかと不安」「急に体調が悪くなったらどうしよう」「食事を作るのが億劫で栄養バランスが心配」「お風呂の準備が大変」そんな方のための施設です。
 
 福祉施設ながら、個人の生活を重視した居住空間となっており、国の福祉政策による施設で建設費や運営費に補助金が出るため、食事も含めて比較的低額で利用できるのも大きな魅力です。
 
Q2 ケアハウスの入所資格はありますか?
 原則60歳以上で、食事、入浴、排泄、その他の身の回りの事ができる程度の自立可能な方で、共同生活ができる方(感染症又は重度の認知症で無い方)となっています。
 
 要介護認定を受けている方についての入所については、ケアハウスは介護付きではありませんので、必要な場合には個人で外部の公的サービス(介護保険サービス等)をご利用いただくことになります。
 
Q3 何歳から入所できますか?
 60歳以上の方が入所できます。
 
Q4 入所するには介護認定が必要ですか?また、介護認定を受けていても入所できますか?
 介護認定の有無は問いません。
 すでに介護認定を受けており、介護が必要な場合は、外部の介護保険サービスを利用することで、入所できる場合があります。
 
Q5 いつまで入所できますか?
 入所期間の定めや、年齢等による制限はありません。
 (Q67)でご案内している退去要件に該当した場合は、退所となります。
 
Q6  生活保護を受給していても入所できますか?
 生活保護受給の有無を理由に入所をお断りすることはありません。ただし、費用面の負担については、市町村によって扱いが違う場合がありますので、担当課にご相談下さい。
 
Q7 民間の有料老人ホームとはどのように違うのですか?
 ケアハウスは国の政策で進められ、税金が使われるため低額ですが、民間の有料老人ホームは必要経費すべてを利用者が負担するため、比較的高額な入居一時金や毎月の入居料を支払う事が契約条件になります。
 
Q8 現在の家を所有したまま入所はできますか?
 家をそのままにしながら入所することもできます。実際に家とケアハウスを行き来しながら生活されるケースもあります。住所変更の手続きはお願いしています。
 
Q9 入所するために所得の制限はありますか?
 所得の制限はありません。ただし、利用料のうち施設の運営費にあたる事務費は、利用者の前年度の所得によって決まります。
 
Q10 入所時の一時金はありますか?
 入所一時金として40万円(1名につき)をいただきます。
 
Q11 入所時に必要な書類はどのようなものですか?
 「施設所定の入所申込書」の他に、「健康診断書」「収入申告書」「前年度所得課税証明書」「住民票」等が必要になります。
 
Q12 入所申込みはどこにするのですか?
 電話や来所などで直接、ケアハウス東林間シニアクラブにお申し込み下さい。
 
Q13 兄弟、親子で入所はできますか?
 各々条件を満たしていれば入所できます。二人部屋の利用も、各々個室に入所することも可能です。
 
Q14  夫婦で夫は年齢条件を満たしていますが、妻は60歳未満です。夫婦で一緒に入所できますか?
 夫婦の場合、どちらか一方が年齢条件を満たしていれば夫婦で入所対象になります。
 
Q15 夫婦で入所する場合、どのような部屋になりますか?
 二人部屋を二室用意しておりますが、それぞれ単身用の部屋に入所することも可能です。
 
Q16 見学に行きたいのですが?
 見学は随時受け付けておりますが、事前にご連絡をお願いします。施設行事等の都合により日時の調整をさせていただく場合があります。
 
Q17 ケアハウスではどんなサービスが提供されますか?
 主なサービスとして
 ① 食事と食堂の提供(朝・昼・夕)
 ② 共同浴場の提供
 ③ 生活相談
 ④ 緊急時の対応
 ⑤ 活動の支援・・・などがあります。
*初詣・お花見などのドライブツアーもご用意しています。より豊かな生活を送れるよう努めています。(Q43を参照)
 
【建物・設備編】
Q18 居室の広さはどれくらいありますか?
 一人部屋が23.1平方メートル。夫婦部屋が46.2平方メートルとなっております。
 
Q19 居室内にはどのような設備が整っていますか?
 エアコン、ベッド、ミニキッチン、トイレ(ウォッシュレット付き)、洗面台、洗濯機置き場、収納庫(クローゼット)、緊急通報装置、TVアンテナ、電話の接続口がありますので、個人で電話をつけることができます。
 
Q20 共有スペースは、どのような設備がありますか?
 食堂、大浴場、トイレ、相談室、談話室、洗濯室(コインランドリー)、私物庫(鍵付きロッカー)、ベランダがあります。
 
Q21 部屋を自由に模様替えできますか?
 原則として責任者の許可を受けて可能ですが、退所時には原状回復をしていただきます。
 
Q22 ベランダに植木鉢等を置けますか?
 ベランダは火災時の緊急避難経路になっていますので、一時的に洗濯物等を干す時以外は、物は置かないようにお願いしています。
 
【生活編】
Q23 ケアハウスでは生活が「管理」されるのですか?
 ケアハウスは「まかない付きマンション」であるため、食事時間と入浴時間の幅が設定され、防犯上で門限が設けられている以外は、他の利用者の迷惑にならない限りどのように暮らすのも自由です。
 
Q24 他の利用者とトラブルになった時はスタッフが間に入り解決してくれますか?
 ケアハウスはあくまでも住居を提供する施設ですので、スタッフが間に入ることはしておりません。利用者間のトラブル等については当事者間での解決をお願いしています。
 
Q25 日用品など、何を準備、持参したらよいですか?
 普通の引っ越しをイメージしていただければ大丈夫です。部屋のスペースに置ける範囲内でお願いしています。
 
Q26 入浴の時間は決まっていますか?
 大浴場は毎日利用ができます。13時から18時の間で、男性・女性と時間を区切っています。
 
Q27 日常の健康管理はどうなっていますか?
 原則として自己管理です。みなさん各々かかりつけ医に受診されています。
 
Q28 外出・外泊は自由ですか?
 自由です。ただし、施設の防犯対策上、夜間は施錠していますので、外出、外泊ともに事前の届け出をお願いしています。
 
Q29 旅行や友人の家に行くことができますか?
 事前に届け出が必要ですが、自由に外出・外泊できます。友人宅や旅行に行くこともできます。
 
Q30 門限はありますか?
 防犯対策上、夜間(20:00~6:00)は施錠しております。急な用事等は別途ご相談下さい。
 
Q31 家族や友人の面会・宿泊はできますか?
 面会は、面会簿に記入していただき可能です。
 宿泊は、5日前までに事務所に申し出ていただければ準備いたします。利用者の部屋に簡易ベッドを設置しての宿泊が可能です。別途、宿泊代と食事代が掛かります。
 
Q32 施設の行事には必ず参加しなければいけませんか?
 個人の自由が尊重されるべきと考えますので、強制ではありません。興味・関心のあるものに自由にご参加下さい。
 
Q33 デイサービスなどの介護サービスの利用はできますか?
 利用できます。詳しくは高齢者支援センターまたは、担当のケアマネジャーとご相談下さい。
 
Q34 部屋の掃除や入浴の手伝いはしてくれますか?
 部屋の掃除は各自で行っていただきます。体調等の理由で掃除や入浴が困難な場合は、外部サービス(介護保険サービスや自費サービス)を利用してもらっています。
 
Q35 部屋の中に洗濯機を置けますか?
 各部屋に全自動洗濯機を設置するためのスペースが設けてあります。また、3階には有料コインランドリーもございます。
 
Q36 洗濯物はどこに干せますか?
 ベランダに干していただけますが、風の強い日にご注意下さい。また、3階の有料乾燥機もご利用いただけます。
 
Q37 部屋に仏壇を持ち込むことはできますか?
 持ち込むことは可能です。ただし、ろうそくや線香など火気を使うものは防災面からお断りしております。
 
Q38 宗教活動は自由ですか?
 個人の信仰は自由ですが、ケアハウス内で他者への布教活動はお断りしています。
 
Q39 家財道具の持ち込みはできますか?
 持ち込みは自由ですが、部屋のスペースに置ける範囲内でお願いしています。
 
Q40 自動車やバイク等の乗り物を持ち込むことはできますか?
  自動車の持ち込みはできません。バイクや自転車の持ち込みは可能です。
 
Q41 自分で新聞をとれますか?
 個人で新聞を購読できます。
 
Q42 郵便物の受け取りはどのようになっていますか?
 施設玄関に個人用郵便受け(鍵付き)が設置されており、各自で受け取ることができます。
 
Q43 日常的なサークル活動や行事にはどんなものがありますか?
 ・パステル画 ・太極拳 ・書道 ・指編み ・園芸 ・お茶会 ・花見 ・果物狩り
 ・紅葉狩り ・クリスマス会 ・元旦獅子舞 ・初詣
 その他、地域で催されている活動にも自由に参加いただけます。
 
Q44 タバコやお酒をたしなむことはできますか?
 館内は禁煙となっているため、タバコは所定の場所でのみ可能です。お酒は居室内で他の利用者の迷惑にならない程度にお願いしています。
 
【食事編】
Q45 どの様な食事が出ますか?
 管理栄養士が栄養バランスや季節感に配慮したメニューを考慮し、施設内の厨房で調理を行っています。
 
Q46 部屋で自炊する事はできますか?
 居室に簡易キッチンがありますので、簡単な調理は可能です。ただし、日常の健康管理や食中毒防止の観点から、三食とも食堂で召し上がっていただくことが原則になります。
 
Q47 治療食の対応はできますか?
 治療食の対応はしていません。体調に応じて、ご飯の固さの変更や、刻み食の対応等は可能です。
 
Q48 お肉が食べられないのですが、そうした要望は聞いてもらえますか?
 個人の好き嫌いには対応できませんが、アレルギー等については、できるだけ対応させていただいています。管理栄養士にご相談下さい。
 
Q49 食堂に食べ物や飲み物を持ち込むことはできますか?
 食中毒防止の観点から、食堂への個人的な持ち込みは禁止させていただいています。
 
Q50 欠食をした場合の食事代はどのようになりますか?
 所定の日数前までに欠食届けを提出いただければ、食材費の払い戻しができます。
 
Q51 行事食もあるのですか?
 毎日の食事メニューとは別に、四季折々の行事メニューを月1回提供しています。料理内容によっては、入所者の皆さまからご了解を得て、若干の費用負担をいただく場合もあります。
 
【経費編】
Q52 ケアハウスに入所するには、毎月どのような費用がかかりますか?
① 事務費10,000円~83,300円
  (施設の運営費、人件費に充てられるもので、前年度の所得に応じて決定します)
② 生活費44,810円(食材費、共用部分の水道光熱費)
③ その他(居室で使用した電気代、上下水道代、リネン代、カーテンリース代、ゴミ処理代)
 
Q53 介護度で利用料は変わりますか?
 いいえ、介護認定の有無や介護度では変わりません。ただし、本人の収入に応じて利用料は変わります。
 
Q54 毎月の費用の支払いはどのようになりますか?
 月末締めで、翌月に所定の金融機関から引き落としさせていただきます。
 
Q55 本人の所得基準はどのように決まるのですか?
 入所者本人の前年の収入から、社会保険料や税金等の必要経費を控除した額が所得となります。
 
Q56 夫婦の場合の所得基準はどのように決まるのですか?
 夫婦の場合は、2人の収入(社会保険料や税金を控除した額)を合算し、合計額の2分の1がそれぞれの個人の対象収入となります。
 
【医療・介護編】
Q57 ケアハウスでは介護をしてもらえますか?
 ケアハウスは介護付きの施設ではありません。施設のスタッフが介護を行うことはありません。
 介護が必要な方は、介護保険サービスなどの外部サービスを利用していただく事になります。
 
Q58 介護保険サービスにはどのようなものがありますか?
要介護認定を受けた方は、以下のような介護サービス(抜粋)が利用できます
 ①訪問ヘルパーによる掃除、買い物、洗濯等の「家事援助」、入浴介助や排泄介助、着替え介助、歩行介助等の「身体介護」の利用。
 ②デイサービスに通って、入浴や食事、運動やレクレーション等の利用。
 ③歩行器や手すり、車いす等の福祉用具の貸与。
 ④訪問看護師による健康管理、服薬管理、療養上の処置の実施。
 ⑤薬剤師や往診医の訪問。
 ⑥介護施設への短期入所(ショートステイ)
*具体的な利用に際しては、ケアマネジャーにご相談ください。
 
Q59 介護保険などの外部サービスを利用したいのですが、どうしたら良いですか。
 初めて介護保険を利用する場合は、高齢者支援センターにご相談下さい。すでに介護認定を受けていて担当ケアマネジャーが決まっている場合は、ケアマネジャーにご相談下さい。
 
Q60 ケアハウスで病気になったらどのように対応してもらえますか?
 ケアハウスは医療施設ではありませんので、看護にあたるスタッフはいません。
 ご家族や身元保証人に連絡をして状況の確認に来ていただき、早めに病院等で診察を受けていただくようにしています。
 
Q61 通院が必要な時、ケアハウスのスタッフに付き添ってもらえますか?
 スタッフが付き添うことはしておりません。そのような場合はご家族や身元保証人の協力をお願いしております。
 
Q62 病院送迎はしてもらえますか?
 ケアハウスでは対応しておりません。そのような場合はご家族や身元保証人の協力をお願いしております。
 
Q63 入院が必要になった場合、部屋はどうなりますか?
 原則として3ヶ月以内であれば部屋はそのままです。ただし、利用料については食材費以外は返却されません。
 実際には相談の上、柔軟かつ適切な対応をいたします。
 
Q64 病院は自分で選ぶことができますか?
 自由に選ぶことができます。
 
Q65 介護度が高くなるとケアハウスでの生活は無理ですか?
 介護度だけで判断することはありませんが、介護保険サービス等を利用してもケアハウスでの生活を送ることが困難になった場合は、難しいと思われます。
 
Q66 介護の必要度が増し、ケアハウスでの生活が難しくなった時に、その後に入所する介護施設や医療施設はどの様に探せば良いですか?
 生活相談員や担当ケアマネジャーが協力して施設の紹介等を行います。
 当法人が併設する特別養護老人ホームをご紹介することも可能です。
 
Q67 ケアハウスを退去となる条件はどのようなものですか?
 下記のような条件が重なった場合は、退去の対象となります。
・利用の条件に関して虚偽の届け出を行った場合
・利用料を支払わない場合
・責任者の許可なく設備等の造作・模様替えを行い、原状回復しない場合
・認知症の進行等により、お金の計算や服薬管理ができなくなる、日時が分からなくなる、
 自分の部屋の判別ができなくなる等の状態になった場合
・疾病の進行等により、常に安否確認が要る状態になった場合
・食堂で配下膳ができなくなった場合
・要介護状態にあるにも関わらず、必要な介護等を受けることができない場合
・共同生活の秩序を乱し、他の入所者に迷惑を及ぼす場合
 
【スタッフ編】
Q68 ケアハウスの生活相談員や介護職員はどのような役割ですか?
 日常の生活全般にわたって、相談に乗ったり連絡をとる等の支援をするもので、直接的な介護を行うことはしていません。あくまでも各自の自立支援を目的とした役割です。
 
Q69 自室で緊急事態が発生した場合、どのような対応がとられますか?
 各居室には緊急時のための緊急通報スイッチが、居室内、浴室、トイレの3箇所に設置してありますので、それを押してスタッフを呼んで下さい。スタッフが状況を判断して救急車の手配や、家族や身元保証人に連絡をとります。
 
 また、食事時が安否確認の時間でもあり、お姿が見えない場合はスタッフが居室に出向きますが、体調がすぐれない時にはその旨をお知らせ下さい。
 
【その他】
Q70 身元保証人がいない場合はどうすればよいですか?
 身元保証人がいない場合は、身元保証会社等のご案内をしています。
 
Q71 居室でペットを飼うことはできますか?
 原則禁止しております。詳細は別途ご相談下さい。
 
Q72 入所後に解約する場合はどうすればよいですか?
 やむを得ない場合を除いて、原則1ヶ月前に申し出て下さい。
 
 

お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください
 
ケアハウスの見学や申込み等に関しては、こちらにお問い合わせください。
 
【ケアハウス 東林間シニアクラブ
 
電話番号 042-767-2210 FAX番号 042-767-2209 
 
担当 生活相談員まで   受付時間 8:30~17:30(平日)
 

交通アクセス

交通アクセス
 
①電車の場合:小田急江ノ島線東林間駅下車 徒歩8分
 
②バスの場合:小田急線相模大野駅南口より神奈中バス ・(大13)中和田循環「相模大野駅南口行き」深堀バス停下車 徒歩1分
 
③自動車の場合:来客用駐車場をご利用ください。
 
住所:神奈川県相模原市南区上鶴間6-6-1
 

案内地図

案内地図
 
社会福祉法人山久会
 東林間シニアクラブ
〒252-0302
神奈川県
相模原市南区上鶴間6-6-1
TEL:042-767-2210
FAX:042-767-2209
 
1.特別養護老人ホーム
2.デイサービスセンター
3.短期入所(ショートステイ)
4.ケアハウス
5.居宅介護支援センター
------------------------------
社会福祉法人山久会
東林第1・2高齢者支援センターの住所連絡先は、
サービス紹介からそれぞれご覧ください。
-------------------ーーーーーーーーーーーーーー
社会福祉法人山久会
保育園については、ページ左のリンクから
東林間ジュニアクラブのホームページへ
022311
<<社会福祉法人山久会 東林間シニアクラブ>> 〒252-0302 神奈川県相模原市南区上鶴間6-6-1 TEL:042-767-2210 FAX:042-767-2209